姑と嫁が仲良くしながら生活するためにはどうしたらいの?

結婚するとほとんどの場合、旦那さんのお母さん、いわゆる姑がいます。中には兄弟も沢山いて、結婚した時にお姑さんや小姑さん達がたくさんできる場合があります。旦那さんは好きで結婚した訳ですから比較的長く関係を続けることが出来ますが、姑や小姑からすれば、嫁は愛している息子や兄弟を奪った人間ですから、ヤキモチを焼かれるのはしかたのないことです。

さらに、結婚するにあたって親や家族が納得した上で結婚していれば、お嫁さんを受け入れる体制もできていると思いますが、生活習慣や生活水準の違いなど、様々な問題を抱えたまま、親の反対を押し切って結婚してしまうと、お姑さんや小姑と上手くやることが難しくなっていきます。

元々何かのきっかけで知り合い、ご縁があってお付き合いが始まり、結婚ということになるのですが、恋愛している時と違うのは、結婚すると家族との付き合いも始まってくるということです。せっかく旦那さんは愛しているのに、姑や小姑と上手くいかないことで夫婦生活まで壊れてしまわないようにしたいものです。

同居する場合、常に同じ家の中で顔を合わせていると、お互いに辛くなってしまいます。そのため、同居している場合は適度に自分だけの時間を作ることが大切です。家の中にいてもお互いの生活を深くまで干渉しないように気をつけるだけで、関係性が良くなることもあります。

良い関係を気付くためにどうするか

同居していない場合には時折顔を合わせるだけなので、その時上手く付き合うことが大切になってきます。ではどうしたら姑や小姑とうまくやっていきことができるのでしょうか。まずはあって話す時は相手の顔をたまに見ながら笑顔ではなすことです。

話の中にはムッとするようなことを言われるときもあります。そんな時でもトイレなどでしばらく時間を開け、気分を帰るとまた笑顔で接することができるようになります。トイレに行っている暇がない時はコップいっぱいの水を飲んで心を落ち着かせる方法もあります。

それでもムカつく、どうしても上手くいかないという場合には、嫌われてもいい覚悟で自分の思ったことを伝えるという手段で向き合ってみましょう。最初はお互い相手のいていることが全く理解出来ずに衝突することも多いとは思いますが、この衝突を乗り越えてくことで上手くいく場合もあります。

結婚は愛し合っている男女同士の問題だけではなく、家族も巻き込んだ大きな人間関係に発展していくことが多いものです。自分が嫌なことは相手にしない、常に笑顔で接し、自分が伝えたいことは相手を傷つけないような言葉を選んで、自分を表現していく。こんな努力を積み重ねることで姑や小姑と上手く付き合っていけるようになります。